ポケットwifiやWiMAXで通信速度はどれくらい出るのか

ポケットwifiの通信規制

低速化って言い換えると通信規制なんだよね。
使ってる側にとっては、インターネット接続が遅くなるわけだから、ポケットwifiと契約してる意味ねーじゃんって気持ちにはなる。
自宅に有線引いたり、漫画喫茶でパソコン使えば済んじゃうからさ。
念のために低速化した場合の解除方法を載せておくけど、ケースによっては根本の問題を解決できないから、ポケットwifiの継続利用やプラン変更を検討した方が良いですよマジで。
えっとポケットwifiには、キャリアによって月間データ量というものが決まってます。

 

3日単位とかでも上限GB

 

あと3日単位とかでも上限GBが設定されているんで、契約中のポケットwifiのデータ量を確認してください。
もしインターネットに繋ぎ過ぎたことが原因で上限に到達しちゃったから低速化と表示されてるなら、追加で料金を払えば解除されます。
Y!mobileのポケットwifiだったら、通信速度低速化の通知がポップアップされるんで、通常速度に戻しますか?って画面ではいを選ぶとページが飛びます。
別ページに飛んだら、そこに追加料金の額が表示されていると思うから、払うかどうかを決めるだけって感じですね。
Y!mobileじゃなくても申込プランによってデータ量上限は決まっているから、1日の間で動画を何時間も見る人はすぐ引っかかるはずですよ。
3日単位とかの短期上限に到達したけど、月間データ量は到達してないって場合は、単位ごとでの上限未満になったら低速化は解除されます。
だから急ぎじゃないなら、1日2日あんまりインターネットに繋げなけりゃ低速化は解除されるんで安心してください。

 

次にソフトバンクユーザーとか、一部のポケットwifiでは謎の低速化不具合が起こったりします。
久しぶりに外からポケットwifiを使ってインターネットに繋げたら、なぜか低速化の表示が出てくるみたいな。
これは過去に上限到達してそのままだったりとか、正確な原因は人それぞれ。
設定画面から通知アイコンを消去すれば低速化のお知らせは消えるんだけど、低速化は維持されたままなんで、通常速度に戻す設定をしてあげれば大丈夫。
でも契約プランによって料金引き落としの締め日は違うから、先月、使い過ぎたデータ量が繰り越されてるって可能性も0じゃない。
そうなると月は変わっていても解除にはお金がかかるんで、通常スピードに戻したいなら追加料金を支払っちゃいましょう。