海外でポケットwifiを使うことはできるの?その方法について

海外用にポケットwifiをレンタル

 

ポケットwifiに加入していれば、友達との待ち合わせ時間も携帯ゲームで暇潰しができて超便利!
宿泊を伴う旅行とか仕事で会社から出た時にも、無線LANでインターネットに繋げられるから、今までとは違ってやれることの幅が広げられますよね。
だけどポケットwifiって、日本国内限定でのサービスなのかな?
頻度は高くないけど、たまには海外旅行へ行くから、その時だけ使い慣れた携帯やパソコンをインターネットに接続できたらなって思ったりします。
結果から言うと、ポケットwifiなら世界200カ国以上の国で使用可能でした。

おすすめのポケットWiFiならENJILOG

wifiルーターをレンタルするだけなので、レンタル先の会社を決めて契約すればOK。
大半のレンタル会社が、wifiルーターの受け渡しを成田や羽田、中部、関西などの国内主要空港で行ってくれるそうです。
空港受け取り手数料は基本0円、宅配で送ってもらう場合でも、ほとんどのレンタル会社が無料でした。
珍獣ハンターでお馴染みの某女性タレントさんがPRキャラクターを務めているブランドもあったから、海外ポケットwifiサービスはどこも広告活動を頑張ってるイメージ!
グローバルデータって会社が提供しているサービスだと、中国や台湾などのアジア圏が日額530円から、イギリスやフランスなどのヨーロッパ圏だと日額760円から使えるそうです。
ヨーロッパ40カ国対応の海外用wifiになると、日額1050円からとちょっぴり高い印象。
でも国や地域ごとで細かく料金設定されているから、行く前におおよその費用が分かって申し込みもしやすいですね。

 

他のレンタル会社の料金相場もだいたい同じ感じでしたよ。
グローバルデータを使う場合だと、まずはネットから加入申込手続きをして、指定先でwifiを受け取る、あとは現地でwifiの電源を入れれば受信開始なんだそうです。
海外旅行から帰ってきたら、空港か来社、宅配で返却して、お金を支払って契約終了。
かなり分かりやすい仕組みですね。
エクスモバイルやグローバルWiFiとかも似たような内容なので、利用先は料金とブランド力次第って感じなのかな。
渡航先で問題が起きても大丈夫なように、海外wifi専用のサポートセンターを設置している会社もあり、絞込み作業で悩みそう。